ホーム 製品プラスチック押出機

水冷の低い消費をリサイクルするPC PMMAのHDPEの放出機械

認証
中国 Zhangjiagang Zhmc Machinery Co.,Ltd. 認証
顧客の検討
私に最もよい計画を常に与えることができ私達は協同にまたの機会があってもいいことを私の顧客が私望みます大きく感じることを可能にします。

—— Mr.Raza

私はとよいあなたのプロダクト非常に言いたいと思います。 すべてのあなたの提案を、また販売サービスの後でよいありがとう。

—— Mr.Anglo

と、非常に専門および速いサービスは話すこと、容易旗の質極度のよいです。 私達がドイツから命令したよりよくして下さい!!

—— Mr.Wasif

オンラインです

水冷の低い消費をリサイクルするPC PMMAのHDPEの放出機械

水冷の低い消費をリサイクルするPC PMMAのHDPEの放出機械
水冷の低い消費をリサイクルするPC PMMAのHDPEの放出機械 水冷の低い消費をリサイクルするPC PMMAのHDPEの放出機械

大画像 :  水冷の低い消費をリサイクルするPC PMMAのHDPEの放出機械

商品の詳細:
起源の場所: 中国
ブランド名: ZHMC Machiney
証明: CE
モデル番号: SJ 45/75
お支払配送条件:
最小注文数量: 2 単位
価格: Negotiable
パッケージの詳細: 木製パッケージ
受渡し時間: 30 日間
支払条件: T/T
供給の能力: 20+Units+Per月

水冷の低い消費をリサイクルするPC PMMAのHDPEの放出機械

説明
アプリケーション: パイプ 冷却の方法: 水のリサイクル
L/D: 25:1-33:1 ねじバレル材料: 38CrMoALA
重量: 様々な 接触器: シーメンス
ハイライト:

プラスチック押出装置

,

プラスチック製造設備

PC PMMAはLEDのランプのかさのhdpeの放出機械を作るランプの放出機械PCを導きました

 

PMMAのプラスチック透明な棒、プラスチック透明な管。

 

製品の機能

 

1) プロダクト効果。高い透明物はちょうど水晶管を好みます。

2) 絶縁材。電気のよい絶縁材および誘電性。

3) 適応性。天候への強い適応性。

4) 低いhydroscopicity。

 

生産ライン特徴

 

1つの)運営原則。単一ねじ押出機のhandpiece;型が付いているサイジング;冷却チャネルによって冷却;トラクターによって引き出して下さい;鋸の打抜き機か惑星の打抜き機。

2) 便利な観察。

3) 低雑音。

4) 速い配達、適正価格の良質の商品。

 

単一ねじ押出機/プラスチック放出の機械類の適用分野

 

1.管の放出:PPRの管、PEのガス管、PEXは管、ABSを配管しましたり、ポリ塩化ビニールの管、HDPEのケイ素の中心の管およびいろいろ共同突き出された合成の管架橋結合しました
2.シートおよびプロフィールの放出:放出の速度を調節し、PVC/PET/PS/PP/PCのプロフィールを製造するために適するためにねじ構造を変え、そして、等広げて下さい
3.変更された粒状化:いろいろな種類のプラスチック混じり、変更し、そして高める粒状化

 

押出機機械価格およびプラスチック押出機の価格機能

 

1.タイプの異なった種類の型および補助機械の押出機

2.押出機機械価格およびプラスチック押出機の価格は各種各様のポリ塩化ビニールのプラスチック管材料、側面図を描かれた材料、板材、スライスされた材料、棒材料および粒状化を作り出すことができます。

3。  それはまた管特別なバレルの変更によってPP.PEの高速で突き出ることができます。

4。 計算機制御か慣習的な制御は任意です。

5.顧客の要求に従って最もよい可塑性の状態および材料の質を達成するために、ほとんどの適度なねじは作ることができます。

6。  ねじは高精度特別なデジタルねじ製粉業者によってなされます;突き出る特性は非常に調和させていることができます。

7。  それは第一に材料がもっとそっとせん断され、切れることができるように、可変的なピッチおよび深さのねじを作り出す高度の技術をもたらしました。

8。  配電箱は特に設計されています、引き力軸受けは十分に輸入され、ドライブ寿命は延長することができます。

9。  それはより大きい突き出る圧力に耐えることができます。

 

プロダクト表示

 

水冷の低い消費をリサイクルするPC PMMAのHDPEの放出機械 0

連絡先の詳細
Zhangjiagang Zhmc Machinery Co.,Ltd.

コンタクトパーソン: Edwin

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)